マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

平成27年10月、あなた専用12桁の番号が届きます

「....マイナンバーとは、住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付して、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されるもの・・・」

以上、社会保障・税番号制度のページより引用。

もとはと言えば、佐藤内閣が1968年に「各省庁統一個人コード連絡研究会議」を設置し、国民総背番号制の導入の提唱があった。ただ、ネーミング等が不適切だったのかこの時はかなりの反対運動があり、導入が見送られている。

なお、導入により

  1. 所得や他の行政サービスの受給状況の把握が容易になるため、負担を不当に免れることや給付の不正受給防止につなげる
  2. 行政手続の簡素化。
  3. 行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。

以上が、主要なメリットとして掲げられている。

 平成27年10月より住民票のある自治体より12桁の「マイナンバー(個人番号)」が個人宛に通知されることとなっています。この番号、原則的には一生変更されないものです(但し、マイナンバーが漏えいして、不正に使われるおそれがある場合を除く)。