読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

IDの盗難による驚きの事故がある

その他

【マイナンバー制】子供を狙う「ID泥棒」 気づけば借金1億6千万円に アメリカ

欧米諸国や韓国・シンガポールなどで「マイナンバー制度」とほぼ同じような制度を導入している。
アメリカでは番号の盗用による被害が深刻化しているそうだ。未成年が狙われやすい「ID泥棒」が出現。ひとつの社会保障番号複数の人間が借金をしていたと言うもの。その社会保障番号では、多重債務者となっているのでクレジットカードやローンは利用できないと言う悲惨な目に遭遇しているというものだ。
記事には、子どものIDの盗難防止策がイラスト入りで紹介されている。

マイナンバーとは関係ないが、日本で似た様な事例を聞いたことがある。
健康保険者証を落としてしまった。拾得者はこの保険証を身分証明書として悪用。複数消費者金融より借り入れをされてしまい、知らぬうちに多重債務者にされてしまっていたと言うものだ。このような多重債務者になってしまうと、ローンだとかクレジットカードの利用も難しくなるのは日本でも同じ。

マイナンバー制度が施行されるとまた違ったリスクと向き合わねばならなくなるのは間違いないと想像する。


Amazon.co.jp: お金と個人情報を守れ! ネット護身術入門 (朝日新書): 守屋英一: 本

 個人情報をいかに守るかについて述べてあります。安直な情報発信で簡単に個人は特定されてしまい、犯罪の標的になるかもしれないリスクが一杯あることを教えてくれます。