読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー制度の導入により、どう変わる?

マイナンバー制度は現在の住基カードよりも利用範囲が広くなり、法律上は任意の申請による取得と定められているけれど、殆どの人が持たざるを得ない仕組みとなっている。

利用シーンとしては、下記の通り。

  • よりきめ細やかな社会保障給付の実現
  • 給付過誤や給付漏れ、二重給付等の防止等
  • 所得把握の精度向上等の実現
  • さまざまな個人情報を紐づけることで、より正確に個人所得を把握
  • 災害時における活用
  • 災害時要援護者リストの作成/更新や災害時の本人確認等
  • 自己の情報や必要なお知らせ等の情報を自宅のパソコンから入手可能
  • 2017年には「マイ・ポータル」と呼ぶ自分専用のウェブサイトで、年金や介護保険の納付状況、自分の所得情報を確認し、手続きをまとめて済ませることが可能となる
  • 事務・手続の簡素化、負担軽減
  • 所得証明書等の添付書類を省略できるようになる等の利便性の向上
  • 医療・介護等のサービスの質の向上等
  • 検診情報・予防接種履歴の確認等や、年金手帳・医療保険証・介護保険証等の機能を一元化

なお、いま運用されている住民基本台帳カードの普及率は以下のように低率(5.2%)であり、導入時には様々な混乱や反応があるようにも思えてくる。

 

f:id:fingerpicking:20140921093518p:plain

IT関連の産業は潤うだろうね~。