マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバーカードの取得で住基カードはどうなる?どうする?

いちばん最初の記事で、2015年10月からマイナンバーの通知作業が始まる、と書いた。具体的には、市町村から住民一人ひとりに対して、「通知カード」が郵送される。これは偽造防止策が施された紙製のカードで、12桁からなるマイナンバーをはじめ、氏名・住所。生年月日・性別などが記載されている。ただし、これはあくまで「紙製」のもの。

ICチップの埋め込まれたマイナンバーカード(=「個人番号カード」)を持ちたいと希望する場合は、運転免許証やパスポートなど本人であることを公的に証明できる手段とともに市町村窓口に提出し、顔写真付きICカード、すなわち正規の個人番号カードの発行申込みを行い取得する。
既に住基カードを持っている場合は、それを市町村に返納することとなる。また、住基カードを所持していてもすぐに個人番号カードを取得しない人は、住基カードを有効期限までそのまま使える。有効期限が過ぎたら個人番号カードを取得することになる。
住基カードは、このようにして新たな個人番号カードに置き換わっていくことになる。

マイナンバーカード(=「個人番号カード」)の所持は強制となっていない。ただ、冒頭に述べた「通知カード」のみで用を足そうとした場合には、運転免許証やパスポートなど本人であることの公的な証明が、都度、必要になる。

こうした不便さを考えれば、2016年1月からは、税分野や社会保障分野で、実際にマイナンバーの利用が開始されるようになると、住基カードの交付数はH24.3.31現在の累計交付枚数 約656万枚なのだが、必要局面を考慮するともっと普及はすることになるでしょうね。