読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー制度とサンカ(山窩)について

その他

ごく大雑把に言って、サンカ(山窩)とは「無宿無籍」の民を指し、近代(明治以降)になってから官憲用語として使われ始め、治安を乱す存在と断定し取締りの対象であった。

彼らの成り立ちについては諸説があるようだが、近代以降は下記の様なライフスタイルを特徴としていた。

代表的な山窩とは戸籍を持たず、定まった所に定住することなく、竹細工と川魚などの狩猟、山の恵みの採取を生業として、人目の付かぬ 河原などに瀬降り(独自のテントのようなもの張り生活すること)時折人家近くにあらわれては、主に農作業で使う箕などと穀物や野菜、時にはお金と交換し、季節と共に違う場所に移動する生活を....

サンカ(山窩)を考えるより引用

明治国家は、徴税・徴兵の重要性をよく認識しており、戸籍において管理しきれない「無宿・無籍」の民であるサンカは取締りの対象にされやすかったとも言えよう。要するに「富国強兵」の実現のためには邪魔な存在だったのだ。

 

時代は変わって、今ならば「無宿・無籍」と言えばホームレスを連想してしまうのだが・・・。
マイナンバー制度は全ての国民への付番を前提としている。

マイナンバー、全国民に付番は可能か? - マイナンバー制度を考える

殆どの国民はきっちりと国家の制度の中に組み込まれて、しっかりと「徴税」されて、これまた負担相応の「福祉サービス」を受けることになる。しかし、この制度からこぼれおちた人々にはとても冷たい制度になってしまうんだろうなぁ。