マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー通知カードとマイナンバーカードは異なります

  近づいてきた各個人へのマイナンバー(個人番号)の案内時期。
国民一人ひとりに平成27年10月から通知が始まります。また、平成28年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続で使用が始まりますので、大切に扱う必要があります。送付は簡易書留で、住民票の記載住所宛に送られてきます。

通知カードの再発行はありません

サラリーマンや確定申告する自営業者はもちろん、奨学金を受け取る学生さん等々、勤務先や税務署などからマイナンバーの提出を求められるようになります。紛失してしまったり、誤って捨ててしまうと、マインバーの記載された住民票を取得する必要があります。
f:id:fingerpicking:20150529151658j:plain

個人カードは2016年1月から申し込み可能となります

また「個人番号カード」が欲しい人は来年1月以降、市役所などで顔写真とともに申請します。申請はインターネットでもできますが、受け取り時には本人確認が必要で、原則、役所に出向かなければなりません。また、初回発行に限り「無料」だそうです。
f:id:fingerpicking:20150518113632j:plain

「個人番号カード」を「持つか」「持たないか」は、個人の判断に委ねられています

また、「個人番号カード」を持っていれば、顔写真もあり、本人確認のための身分証明書として使用できます。

マイナンバー」の確認の必要が生じた場合、例えば、通知カードのみしかもっていない場合は複数の書面呈示が必要となります。

  • 通知カード(番号確認)と運転免許証など(身元確認)
  • (「通知カード」、紛失等により無い場合・・・)個人番号の記載された住民票の写しなど(番号確認)と運転免許証など(身元確認)