読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

現状の制度でも「なりすまし」被害は結構あるらしい

その他

6月15日付けの朝日新聞で報道された内容とは・・・

 富士市内に住む派遣社員の男性(47)は、国民健康保険への加入を申請しようと富士市役所の窓口を訪れた際、職員にこう告げられた。知らないうちに転出手続きがとられ、「市民」でなくなっていた。

www.asahi.com

要するに手続き上の盲点を突かれた格好で(この場合は「郵送請求制度」で本人が直接窓口に出向かなくても郵送での手続きが可能になる)、ご本人の全く知らないところで転出手続きが取られていたのです。

情報収集の目的は?

この事件の場合、手続き上に必要な身分証明書をどうやって入手したのか?
記事によると、アルバイト応募の際にインターネット経由でスキャナーで取り込んだ「運転免許証」の画像も添付して送った。どうもそれを悪用されたのではないかという分析。募集していた会社には既に連絡は取れず、「個人情報の収集のためのダミー会社」という推測が綴られていた。

今回は現金を振り込ませるための銀行口座の取得が目的だったようで、このような 住民票の不正異動や取得は多いらしく、多くの場合は犯罪と結びついているのが現状のようだ。 他、他人名義の住民票などを不正取得し他人名義で携帯電話を購入などの犯罪事例があるそうです。

スキャナーの取り込み画像はキケン!

例えば、インターネット経由で身分証明書(運転免許証、健康保険証等々)をスキャナーで取りこんで画像として届ける...というような行為は割合と習慣として定着しつつあるのだろう。
ただ、ここでよくよく考えてみれば「受け取る側」に全く悪意はないとしても(※受け取る側のガードの甘さと思われる可能性も有り得ます)、「送る側」に悪意のあることも想定しておく必要もあるでしょう。取り込んだ画像の「改ざん」なんて、その手の人たちは簡単にしてしまうでしょうから・・・

賢明な諸氏間のやり取りとしては、最低限オリジナルの鮮明な複写原稿のやり取りを前提としておかねばならない、と感じています。

例えば、不用品の売却を古物商に買い取り申し込みをする際には「身分証明」が必要となります。この種の取引はネット上でのやり取りも可能な訳ですが、顧客から「スキャナー画像OK?」なんて問合せがあれば「ご用心ご用心」でしょう。

 

マイナンバー制のもとではどうなるか?

さて、12桁のマイナンバー制のもとでの「なりすまし」はどうなるのだろうか?
当然ながら、この手の不法行為への警鐘を発する識者も多い。先に国民番号制を実施している国々の事例でもそのリスクは指摘されています。個人情報の管理により慎重になるべき時代となった訳です。
第三者への個人情報の開示は慎重な上にも慎重を期して行わねばなりません。