マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

情報流出のコストは・・・?誰が負担?

何らかの形で大規模な個人情報が流出してしまえば、膨大な損失が発生する・・・は、いまや常識なのだが民間企業/公的機関ともに損失をこうむる。

www.nikkan-gendai.com

「1000人態勢は当分の間、続ける」(機構の経営企画部広報室)というから大変だ。1カ月間だけでも、約4億円ものカネが電話対応に費やされてしまう。

流出した対象者への「お詫び文書」代もバカにならない。すでに、約1万5000人に文書が送付されているが、その郵送料は約120万円だと、塩崎恭久厚労相が国会で答弁している。仮に125万人に送付すれば、その額は1億円を超える。

 また、最新情報によると情報流失した基礎年金番号については9月から変更することのようだ。

headlines.yahoo.co.jp

と、まぁど派手な数字が並んでしまいます。
郵送費だとかコールセンターの費用となっていますが、もっと注意しなきゃいけないのはここに出てこない数字・・・。この騒動により発生している間接的な費用にも目を向ける必要もある。基幹システムの見直しも必要になったりするだろうから、ルーティンな日常業務の進行にも影響が出るだろうし・・・

マイナンバーの情報流失」という事態だけは見たくないものなのですが・・・