マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

えっ?「マイナンバー占い」が出現!?

たまたま遭遇した「マイナンバー占い」の記事。よく読んでみると「マイナンバー占い」という言葉を「商標出願」したという内容でした。

bylines.news.yahoo.co.jp

このマイナンバー占いがリリースされてしまった暁には、どういう属性の人がマイナンバーをぶち込んでしまうのか、いまから興味津々でなりません

 筆者はこう語るのだが、さてどうなることやら・・・?

マイナンバーの生成方法はどうやって行うのか?

各個人に割りあてられるマイナンバーだが、この番号はどこでどうしてつくるのだろう?

地方共同法人地方公共団体情報システム機構」が、住民票コードを変換して生成することになっている。またその際、住民票コードを復元できる規則性を備えていないこと、他のいずれの個人番号(検査用数字以外の11桁の番号)とも異なるものであることが必要とされる。そして、既に住民票コードを割り当てられている人には一斉に指定がされる・・・

 

地方公共団体情報システム機構

住民基本台帳法に基づく「指定情報処理機関」として、住民基本台帳ネットワークシステムの円滑な運営に努め・・・

 ているそうだ。

なるほど、マイナンバーについては住基ネットに関わるインフラを使うということだから、ということですね・・・。
実はこの住民票コードに関してはかなり厳重な管理がなされていて、ふつう住民票を請求しても記載はされません。

住民票コードは一意に国民を特定できる番号となっていることから、その悪用は個々の国民のプライバシー侵害に直結しかねない。 そこで、その利用には制限が設けられている。住民票コードを利用できるのは市町村と都道府県、指定情報処理機関、及び住民基本台帳法で定めた国の機関と法人のみに限られている。 それ以外の者が住民票コードの告知を要求することやデータベースを作成することは禁止されていて、とくにデータベース化と契約時の告知要求を反復すると、都道府県知事による勧告や命令を経て、それでも違反すると罰則を課せられることとなっている。

(以上、Wikipedia「住民票」の項より引用)

マイナンバーの出自は実に大事な番号であった事がわかる。そして、住民票番号とは全く切り離して生成する訳だ。

お隣の韓国では住民登録番号を売買するヤミのマーケットがあるらしい。

制度の運用が始まり、「マイナンバー占い」なるものが出現して、安直に自らの番号を打ち込んで占いする人がでてくるでしょうか? 
不正目的ではないと称しての「マイナンバー占い」サイトの出現する可能性はかなり高い・・・(かな?)