読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

「マイナンバー、正確な所得把握に寄与する」は、とっても息苦しくなりそう・・・かな

個人への影響や対応など

マイナンバー制度が無くとも、税務署は税徴収などのため必要な情報を収集しています。お金を受け取った側は「私はいくら収入があります」ということを税務署に申告するし、お金を支払った側も税務署に「誰にいくら支払いました」と法定調書を提出しています。

マイナンバー制度の導入により、マイナンバーをキーにして、支払い側より提出された源泉徴収票等の書類と、受け取り側から提出された納税申告書を突合して、納税者の所得情報をより効率的かつ正確に把握できる。単純にそれだけです。「単純にそれだけ」と形容しても、影響をこうむる方々は少なくないのじゃないでしょうか?

f:id:fingerpicking:20150630113411j:plain

ここで私たちの日々の暮らしを想起してみれば・・・サラリーマンの場合、例えばご本人に副業による収入がある場合、ダンマリは出来なくなってしまいます。何故なら、マイナンバーはアルバイト先にも言わねばならず、支払い側との突合ですぐに判明することになります。また、住民税の支払いに際し、給与に副収入を合算した額が元になるので、会社には副業していることが判明してしまうし、きっちりと確定申告をしなければ、税務署から所得税(金額によっては住民税の追徴も)の追徴が来る、と云う事態をむかえることにもなります。「副業禁止」の会社もあるでしょうから、注意が必要です。

オカネの動くところ、つまり報酬の授受には必ずマイナンバーが必要となります。
極端なハナシ、昼はOL、夜はこっそり副業として水商売・風俗嬢をするという場合もマイナンバーの提出が必要になります。例えば、キャバクラに体験入店する時も、いきなり本名とマイナンバーを店に伝える義務が生じます。う~む、偽名などは一切使用できなくなるんですねぇ・・・。

確定申告については、平成28年度分(29年に申告)から、申告書にマイナンバーを記載することが義務づけられています。

mynumberseido.hatenadiary.jp