読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー通知まで、あと三ヶ月です

法人(事業者)の対応

マイナンバーの利用を開始するのは2018年1月からである。但し、法人は利用スタートに備え、従業員を含め取引のある人たちから個人番号を集める必要がある。
また、役所に提出する文書に番号を記載できるよう、システム改修や業務手順の見直しも年内に完了させておくことが必要となります。

会社が作成する書類中、マイナンバーの記載が義務付けられる代表格としては源泉徴収票があげられる。年末調整時の記載は制度開始の1年後からとなるが、2016年1月以降の退職者には番号を記載しなければならない。加えて、契約社員やパート・アルバイトなども導入初年度から対応が必要となっています。

また、会社登記をした全ての企業を対象に、法人番号(企業版マイナンバーも割り振られることになります。 法人のマイナンバーは13桁。商号や所在地にひも付けされ、16年1月から利用が始まります。このことにより、行政機関が企業に関する情報を公開する場合は必ず法人番号を付記するようになります。

何かと大変なマイナンバー制度への対応ですが、中小規模の法人の場合、下記の書籍は具体的な行動指針も記されており有用な書籍といえるでしょう。

企業に求められる対応をやさしく解説マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本

企業に求められる対応をやさしく解説マイナンバー制度の実務と業務フローがわかる本

 

 

知らないでは済まされない企業のマイナンバー対応

知らないでは済まされない企業のマイナンバー対応

 

 

今押さえるべきマイナンバー理解のカギ

今押さえるべきマイナンバー理解のカギ