読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

個人番号カード、使用は慎重にするべきは「何故なのか?」

マイナンバー制度の実施により、個人番号カードは来年1月以降、本人の申請により交付されることになっています。写真さえ役所の窓口へ持参したり、スマホで写真撮影してのオンライン上からの申請も出来るようです。普及促進の目的もあって当初は手数料無料となっています。

身分証明書として使用が可能なマイナンバーカード

この個人番号カードは、本人確認のための身分証明書として利用できるほか、カードのICチップに搭載された電子証明書を用いて、e-Tax国税電子申告・納税システム)をはじめとした各種電子申請が可能です。(但し、別途に電子証明の手続きは必要)
また、別途に各自治体が条例で定めることにより、例えば図書館利用証や印鑑登録証などのサービスに使用が可能となります。
 

f:id:fingerpicking:20150707105405j:plain

マイナンバー社会保障・税番号制度より転載

ただし、身分証明としてマイナンバーを使う場合は注意が必要です。例えば、レンタル店や携帯電話契約、スポーツジムなどで本人確認の証明書として使う場合等です。

注意するべきポイントは、個人番号カードの“裏面”をコピーできるのは、行政機関や雇用主など「法令に規定されたものに限定」されています。それ以外の人はコピーのみならず書き写すことも禁止されていることです。

個人番号の漏洩は「成りすまし」被害につながる恐れもありますから、管理は慎重にしなければなりません。