読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

実に深刻!アメリカでの「2150万人の個人情報流出」

www3.nhk.or.jp

サイバー攻撃によって2150万人の個人情報が盗まれた・・・。盗まれたのは連邦政府の職員や元職員、職員の家族や同居人などの情報だ。アメリカで身分証明として使われる社会保障番号や住所、職歴などが流出した。約110万人は指紋情報も盗まれたという。

IT先進国であっても「漏れない情報はない」と言うことでしょうか?また、中国のハッカーが関与したとの推測もあって、紛争の火種になりそうな感じもする。

これが初めてではない米の情報流失

アメリカでは今世紀に入ってからでも多くの情報流失を起こしている。
2006年~2008年の間の成りすましによる犯罪犠牲者が1億170万件、成りすまし犯罪による被害総額は年平均500億ドル(連邦取引委員会)とのこと。

mynumberseido.hatenadiary.jp

 こんな数字を見れば、日本年金機構の情報流失なんぞまったく大したことのないように見えてしまう。いや、この種の情報を沢山見せられても鈍感になってはいけないのだ。先の日本年金機構の情報流失問題も収束はしていない。
対応のための費用は、現時点で「印刷代と郵送代で1億円強」(塩崎大臣)とのことだが、当然のことながら、あくまで現時点であってこれだけで済むものではありませんね・・・。

高度な情報ネットワークシステムの中に組み込まれていく我々にとって、「個人情報の管理」をコントロールすることがますます大事になってきています。