読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー制度、理解のためのキーワードは「番号」、「カード」、「ポータル」の3点

判り易いH.ポストの「マイナンバー」関連記事

www.huffingtonpost.jp
制度の概要が解説されています。判り易い内容ですのでご一読をお勧めします。以下、ポイントのダイジェストです。また関連エントリーへのリンクも掲載していますので併せてご一覧くださいませ。

 

個人番号通知の発送は10月から

上記のリンクには「通知カード」の具体的なイメージが掲載されている。f:id:fingerpicking:20150826085810j:plain
10月5日より順次、この「個人番号」が書かれた「通知カード」(紙製)が住民票を持つ全員に簡易書留で送付されます。

 個人の場合、今後、勤務先や取引先へこの番号を告知するシーンに遭遇することになります。

mynumberseido.hatenadiary.jp

 

マイナンバーカードの申請は1月から

f:id:fingerpicking:20150826092218j:plain

プラスチック製で、マイナンバーのほか、氏名、住所、生年月日、住所、性別が顔写真つきで記載。公的な身分証明証として利用が可能。
マイナンバーカードにはICチップが埋め込まれており、このカードと暗証番号を使うことで、「マイナポータル」にログインしてマイナンバーにひも付いた自分の個人情報を閲覧が可能となり、各種申請のためにも使える。
なお、発行手数料は当初は無料。また、所持は強制ではありません。

 

マイナポータル、2017年1月より運用開始の予定

mynumberseido.hatenadiary.jp

 

身分証明書としてのマイナンバーカード

 なお、今回紹介のH.ポスト記事中にはマイナンバーカードの身分証明書機能には詳しく触れてはいません。下記のエントリーでは2016年よりスタート予定の「身分証明書」の機能をガイドしています。

 

mynumberseido.hatenadiary.jp