マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー、ビッグデータ活用への布石が完了

www.nikkei.com

 

改正案ではICカードを使った交通機関の利用記録やネット通販の購入履歴などの個人情報から名前や住所などを除いて個人が特定できないようにした「匿名加 工情報」の規定を設けた。本人の同意がなくても、データを活用したい企業などに渡せるようになる。企業には利用する項目を公表するなどの義務を課す。これ に違反し、命令に従わない場合は6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科される。

2018年の医療分野でのビッグデータ利用前提の法改正

税と社会保障の共通番号(マイナンバー)のシステムと医療関連のシステムを連動させる仕組みを、2018年度から段階導入する計画となっている。政府は、医療費削減につなげようと番号制度を通じて集まった病気や治療に関する医療情報は匿名にして、製薬企業や大学などの研究機関に開放し、ビッグデータとして活用する計画であり、今回の個人情報保護法改正は、その前提となる部分を先に法制化したもの。

医療情報のビッグデータ活用を嚆矢として、きっと矢継ぎ早に民間レベルでのマイナンバー利用のデータ収集プランが加速されるのは間違いないと思われます。