読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー、リスク管理はどうするか?

先般の日本年金機構の個人情報漏えい事件に関する機構内の処分が発表された。

www.sankei.com

ことほどさように情報漏えいは官民を問わず、大きな痛手をこうむる。
また、システムの維持管理コストも増加せざるを得ないようだ。

www.sankei.com

さて、マイナンバーの漏えいリスクはいかような事が想定されるか?

システム的には分散管理をしており、芋づる式に情報が漏れることは無いと担当省庁は強調する。

 

mynumberseido.hatenadiary.jp

私は自分の番号が入ったTシャツを作る

 マイナンバーを知られたら情報が芋づる式に取られるというのは、まったくの事実誤認だ。番号はただの「名前」。私が「福田 峰之」と知られてまずいことは何もないということと同じだ。私は自分の番号が入ったTシャツを作ろうと思っている。 番号を知られても問題がないということをを、自ら実践する

 以上は、週刊エコノミスト(9/15)P.23に掲載、福田内閣府担当補佐官のコメントだ。

エコノミスト 2015年 9/15 号 [雑誌]

エコノミスト 2015年 9/15 号 [雑誌]

 

 
このコメント、筆者には実に能天気なコメントであるとしか思えない。最初は「本気かいな?」と疑ったけれど、確固たるメディアの取材時のコメントだからジョークではなかろう。このようなコメントは「問題発言」として、取り上げられるべきではないかと思っている。

一般企業からの漏えいリスク、どう対処?

ある程度の企業規模、例えば、多くのアルバイトを抱えて運営するコンビニなどでは交代人員や社員を含めると実に膨大な数を管理することになる。非正規雇用の交代人員も含めた管理対象マイナンバーが膨大な数になるメーカーや流通業は幾らでもある。また、全ての管理システムが常に有効に動作しているとは限らない。また、人為的な漏えいも十分に考えられる。各関連省庁のシステムさえ有効にセキュリティ確保が出来ていれば良いと言う問題ではない。

 

番号変更に関するコストは誰が負担?

不幸にも番号漏えいに遭遇したら、どれ位のコスト負担になるだろう?再発行に必要なコストとしては1000円程度のようだが、あと通信費や人件費、郵送コストなどを加算すると数千円になってもおかしくない。あとは、この数に管理しているマイナンバーの数を掛けるだけ・・・。簡単にゼロがいくつも並ぶびっくりの数字になります。
マイナンバー倒産」が起こっても不思議ではない。

また、マイナンバー漏えい事故のあったとき、再発行に関わるコスト負担は誰がどうするかは明確にされていない。

 

情報漏えい事件は皆無になり得るか?

コンピュータ先進国のアメリカで、しかも世界最強のセキュリティー対策がなされているだろう連邦人事局のから2210万人の情報漏えいを思い起こしたり、日本での最近の事例を挙げれば判るように、いつ起こってもふしぎでっはないのが「情報漏えい事件」だ。

www.asahi.com

プライバシー問題や漏えいリスクについて、政府系機関は「安全」「安心」だけではなく、「負の側面」ももっと披瀝するべきであろう。