読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

法人へのマイナンバー制度の導入、中小企業は戦々恐々の思い?

来年の一月からスタートのマイナンバー制と同時に、全ての法人に13桁の「法人番号」も導入される。

f:id:fingerpicking:20150925154539j:plain

社会保険の加入促進は加速?

そもそも社会保険は、厚生年金保険法や健康保険法ですべての法人事業所は加入しなければならない。加入は義務となっているものの、未加入の事業所も多いのが実態。特に中小規模の法人に見られる。

 マイナンバーや法人番号の導入により、社会保険未加入の事業所に対しては、一層の加入強化や未払いへの対応が強化されることは間違いなそそうだ。

mynumberseido.hatenadiary.jp

 

従業員30人規模の会社なら社会保険料は2年で5000万円前後。さらに、社会保険料の正規負担で、今後は人件費が約15%上昇する計算。こんな会社が約70万社と推計される。(給料・人事コンサルタント;北見昌朗氏の見解--日刊スポーツ9/22掲載より引用)

 加えて、年金事務所から社会保険の未適用を指摘されたら、最大で過去2年分の社会保険料を支払わねばならない。この場合、未納保険料額に対し年14.6%の延滞金(納期限から3ヶ月までは年7.3%)が加算される。

従業員分の回収はできるか?

仮に事業者が過去2年分をさかのぼって支払っても、社会保険料事業者と従業員で折半が普通。こんな場合、従業員から過去2年間の従業員負担分の社会保険料を回収が出来るか・・・と言う問題もあったりする。
この辺り、体力の十分でない事業所であれば存続も脅かされる問題になりかねないだろう。