読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー制度の贈収賄に関する事件で思うこと(その2)

昨日のエントリーで、厚生省職員が逮捕されていることに何ら疑問はないが、むしろ贈賄側って、一体どんなの?と疑問を持っていました。

 

mynumberseido.hatenadiary.jp

 贈賄側の受注7件15億円超

厚生労働省は、贈賄側の会社の受注状況を調べた旨のNHKニュースの報道が有りました。内容は下記の通り。

 

平成20年度以降7つの事業を総額15億5000万円で受注していたことが分かりました。
これらの事業は、マイナンバー制度の導入を前に医療情報の活用方法を提案するものや、制度の普及に向けた調査や研究で、今後実施予定の事業については契約を解除する方向で会社側と協議するとしています。
さらに、厚生労働省総務省などが補助金を出して平成22年度までの3年間、沖縄県浦添市が実施した健康づくりに関するモデル事業についても、贈賄側の会社が受注していた...(後略)

10月16日 18時41分 報道ニュースより

 

 「今後は契約を解除...」する方向とのことだが、それだけかな?

不正な手段により受注した事業に関しての金銭的なペナルティも無いのかな?

もし、そうなら・・・「社長、この度は時効に守られてうまくやったね。丸儲けじゃん! 良かったですねぇ」

まぁ、そんなことは無いでしょうけど。

 

また、贈賄するような事業者が作ったシステムで本当に大丈夫でしょうか?

 

塩崎大臣殿・・・如何でしょう?

 

また、贈賄側は「時効」が既に成立しているとの報道だったが、一層毅然とした態度で国民が納得するような調査結果を示して欲しいものです。