マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー、通知カードを受け取り拒否したらどうなるの?

マイナンバー通知カードの発送が始まっているが、なにしろ膨大な数(5200万通程度)の簡易書留での送達だけに、11月中に発送完了目途のようだ。

 

「意図的」や「ついうっかり」で受け取らなかったらどうなる?

通知書は住民票記載地に送付されるが、そのまま放置、あるいは受け取りを拒否するとどうなるのか。

f:id:fingerpicking:20151020083300j:plain

ついに通知開始!“マイナンバー”損か得か講座「受け取り拒否はできるのか?」 | アサ芸プラス

 

配達時に不在等で、郵便局の保管期限も過ぎて受け取らなかった場合ですが・・・

 「郵便局に1週間程度保管されたあと、住民票がある市町村に戻ります。そこで3カ月ほど保管しますが、その間にお問い合わせがなければ、通知書は破棄します。ただ、番号は生きており、行政側はサービスに利用させていただきます」(内閣官房マイナンバーコールセンター)

 「お~・・・ 有無をも言わさずの付番となるのですねぇ」

 

結局、マイナンバーを全く使わずに暮すのは難しい場合もあるので、役所へ行って「マイナンバー記載の住民票」取得を申し込む・・・と言ったことになるでしょうか。また、「マイナンバーカード取得」は「通知カード」と引換えじゃなかったか・・・

 

いや、「マイナンバーカカード」の申し込みは任意だが、「通知カード」が無いとこれまた困るのではないか? 番号だけ記憶していても証明にはならない訳で、身分証明が必要なときの手段として必要だ。だから安直な「受け取り拒否」や「うっかり忘れて郵便局に放置」は論外と言うことでしょうか。制度はしっかりと整備されつつあり、それに伴い、法的な縛りもある訳だから、「制度に反対」、「いやな制度」と思っても受け取らざるを得ないのですねぇ。

 

行政の人たちはどう対応するだろう?

「住民票は妹が住むところが登録地か‥‥いや、もうどこなのかわからないな。マイナンバーなんて俺の生活には関係ないし、ここを住所地にして受け取りたいとは思わないね」

 コメントは上記のリンクにあったものだが、このような境遇の人たちに対して「行政の側」はどう対応するのだろう? 

 

結局、「マイナンバー探し」をせざるを得ないのだろうけれど、事情があってそれはイヤだと拒否する人たちもいるかもしれない。いや、きっといるだろう。問題は山積みのようでもある。