読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

「マイナンバーカード」は、揺りかごから墓場まで・・・

マイナンバー制度の運用が始まり、現在、必要とされる届け出等で記載しなければならなくなった。また、新生児にもマイナンバーが割り振られることになる。

進化する(?)マイナンバー制度

この制度で特徴のひとつに「マイナンバーカード」に、様々な機能が付加されることにある。また、いずれは民間にもその利用が解放されるかもしれない。

 
以下、雑誌「エコノミスト(9/5号)」掲載、福田峰之インタビューより引用(注;氏は甘利大臣の大臣補佐官の立場にあり、マイナンバー制度の分野担当)

...目指している世界観を一言で表現すると「カード1枚で生活できる」だ。財布にカードが何十枚も入っている人がいるが、私がやっている仕事は、それを1枚にすることだ

mynumberseido.hatenadiary.jp

 う~む・・・こんなカード持ってて紛失したらどうするんだいと心配になるのだが。以下、安心してこの世を終えるための機能を加えましょうか・・・と言う構想。

 

垣間見た「...墓場まで」構想の一端

f:id:fingerpicking:20160106104255j:plain

「秘密の副業」「隠し口座」「遺産」が全部バレるって本当!? - 「マイナンバー制度」について担当省庁に聞いた [T-SITE]

あくまで構想段階なのだが、興味を引いた項目なので以下に全文を引用。

Q5. 将来的に遺族がマイナンバーを利用して、故人の預貯金口座の存在を確認することは可能になりますか?

 

A5.遺族が故人のマイナンバーを利用して、故人の預貯金口座の存在を金融機関に照会し、確認することは現行のマイナンバー法上できません。一方で、マイナンバーは利用しませんが、「マイナポータル※」を活用して故人が生前に予め登録しておけば、相続等に必要な金融資産の所在情報等を遺族に対してワンストップでお知らせするサービスを検討しています(内閣府 大臣官房番号制度担当室)。

 

 もしも・・・このサービスが始まったら、いや構想が周知された段階で・・・・・
「おじいちゃん(おばぁちゃん)、マイナンバーカード持ってたかな? もし持ってなかったら、作っておいてね。すごい便利なんだから・・・」ってことで、「マイナンバーカード」の普及率アップに貢献するかも?

多くの高齢者は「マイナポータル」へのアクセスはちょっとハードルが高い人も多い可能性があるので、周囲の人たちはパソコンの操作方法の説明とかも含めて、とっても優しく接してくれるようになるかも知れませんねぇ~。とても素晴しい構想ですねぇ~

f:id:fingerpicking:20160106105643j:plain


私見ですが・・・

「人の財布の中に勝手に手をいれてくるよな、こんな機能はいらんわい。自分の金の管理は自分でしとくわい!」