マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

「マイナンバーカードにポイントカード機能をつけよう!」と言うアイデアは、名案? それとも迷案?

f:id:fingerpicking:20160113105635j:plain

マイナンバーカードでポイントカード一本化、総務省が2017年春以降の実現に向け検討開始 - Engadget Japanese


高市総務大臣は年初に、マイナンバーカードに内蔵されているICチップを活用し、民間企業の提供しているポイントカードと連携した新たなサービスを提供したい構想を発表しました。
簡単に言えば、財布に沢山入っているだろう「ポイントカード」をマイナンバーカード一枚に集約しましょう・・・と言うプランですね。総務省は2017年春以降の実現を目指しているようです。

マイナンバーカード普及は至上の命題

このような構想を耳にする時、常に思い浮かぶ記事がある。今回のポイントカードを加えましょう・・・と言う構想も、この考えの一環である。また、昨秋に話題になった「マイナンバーカード」を軽減税率のツールとして使うと言うアイデアもそう。

エコノミスト 2015年 9/15 号 [雑誌]

エコノミスト 2015年 9/15 号 [雑誌]

 

以下、雑誌「エコノミスト(9/5号)」掲載、福田峰之インタビューより引用

...目指している世界観を一言で表現すると「カード1枚で生活できる」だ。財布にカードが何十枚も入っている人がいるが、私がやっている仕事は、それを1枚にすることだ

この文言をこのブログでよく引用している。こんな画一的な発想をする輩は大キライだからだ。そもそも選択肢が豊富で何故良くないのかい?

ポイントカード一本化への反応

テレビ朝日の「モーニングバード」で、このポイントカード一本化構想の紹介を特集、街の人たちのこの構想への反応が紹介されていました。

昨年末に、「マイナンバーカードを申し込みたい」と答えた人は二人!

「ポイントカード機能追加」と言う構想を前提にすると、二十数人が持ちたいと答えていた。若い世代の反応が良かったようです。

う~む・・・結構、いい反応があるもんだ、と妙に関心しました(実は私はこんなクダラン構想は反対なんですが)。

続いて、ポイントカードを提供している企業側の反応です。
「寝耳に水」の"ポイントカード一本化構想"だったようで、賛否を示すことなく「対応を検討します」のような反応でありました。

サービスを提供している側からすると、無味乾燥なデザインの「マイナンバーカード」のICチップに機能を埋め込まれてもあんまり意味ないじゃん・・・と、思ったかどうかは不明ですが、少なくとも私はこれじゃ企業側のPR効果は余り期待できないなと、反応するだろうと直感的に思いました。

実現するか?ポイントカード一本化

話は飛躍しますが昨年の秋、安倍総理は「日本の携帯電話は高い」の一言で総務省の音頭とりにより通信各社の料金体系が見直しとなりました。
安倍総理のような人が、実感としてホントに「通話料金は高い」と思われました? 
総理の生活感覚からすると有り得ない話じゃないんですか・・・?

高市総務大臣にもお聞きしたいと思います。

ポイントカード使って買い物してます?
もしそうだとして、ホントに財布の中にポイントカードがイッパイ入っています?
もしイッパイ入っているとして、それで何か不便感じました?
そもそも、沢山あるポイントカードが一本化されたら、どんなにいいだろうと言う実感を持ち得るような日々のお暮しですか?

今の政権の耳障りの良い「甘い囁き」には、もっと別の深謀遠慮があるような気がしてなりません。

賃上げの議論も含めて、企業間の自由な競争に国家が口をさしはさむ事態は「異常」ではありませんか?

安倍流国家介入型政治に通底するのは「国家の善意」である

検証 安倍イズム――胎動する新国家主義 (岩波新書)


上記の著書は、第二次安倍政権になってからの総理大臣発言の詳細な分析ですが、「国家の善意」であろうが無かろうが、「国の要請」などと言うものは一切信用しないのが一庶民にとってとても大事な生き方と思っています。