マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバー、漏えいの代償は幾らくらい?

itpro.nikkeibp.co.jp

マイナンバーが漏れても大丈夫!」セキュリティは万全を期しているからと、総務省のご宣託である。但し、あくまで管轄省庁に保管されている情報のセキュリティレベルでの話し。民間企業等で管理・保管する従業員のマイナンバーのデータになると話は全く違ってくる。

どれくらいの罪になるか?

例えば、正当な理由がなく特定個人情報ファイルを提供した場合4年以下の懲役または200万円以下の罰金もしくはその両方を科せられる。

また、業務に関して知り得たマイナンバーを自己や第三者の不正な利益を図る目的で提供、盗用すると、3年以下の懲役または150万円以下の罰金もしくはその両方が科せられる。

マイナンバーはおいそれとは変更できない。罰則を重くして厳重な管理を求めているのだろう」とは、上記の記事の筆者のコメント。

もちろん、意図的ではなく過失が無いとなった場合であれば刑事責任は問われないそうだが、民事責任については不明のようだ。これは事例の積み重ねが無いからであって、今後の課題となるのだろう。

 

いずれにせよ、マイナンバーを管理しなければならない経営側にとっては重くのしかかる負担と言えそうだ。