読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバーカード、申請数の推移と発行状況に関する情報です

マイナンバーカード申請数は900万件程度(3/6時点)

itpro.nikkeibp.co.jp

 総務省は2016年3月10日、マイナンバーカードの申請の受付処理が3月6日時点で約900万件完了し、このうち交付済み枚数は約106万枚と公表。
 ただ、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)ではトラブルが多発しており、申請者への交付済みの数は約106万枚と大幅に遅てれいる情況は変わっていない。

 

mynumberseido.hatenadiary.jp

総務省、受け取り前に引っ越した時の対応を発表

総務省は長引くサーバートラブルにともない、このままだと転居前にマイナンバーカードを受け取れない人が多く出るのでは・・・と予測。

引っ越し先の自治体で必要書類に署名、押印すれば、新住所が記入されたカードを一定期間後に受け取れる。

 転居先で新住所記載カードを貰える措置とするようだ。
どの位の人たちがこの処理の対象になるかは全く不明ですが、総務省が対応策を発表したということは、無視できない問題だからでしょう。

詳細数字は不明ですが、3月2日の時点で自治体へは580万枚程度が送付され、申請者への手渡し作業が順次行われています。手渡し残の数量は少なく見積もっても500万枚程度?

その後の発行作業は、やや円滑になってきているようですが根本的な解決には至っていないようです。

itpro.nikkeibp.co.jp

対応に手間がかかるだろう自治体窓口

便宜を図るという観点からすると当然なのだろうが、最近まで総務省はこんな事態は全く想定していなかったんでしょうねぇ・・・

国民の余り見えないところでカードの発行コスト増につながる現象ですね。加えて、各自治体の窓口レベルで考えても手間が増加しそうです。

ただ、いまのところ、この手の「マイナンバーカード発行」遅れの情報は、余り大きな話題になっていないように思うけれど・・・

前途は多難なマイナンバー制度を暗示している現象ではないかな・・・と思う日々です。