マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバーカード、発行遅延に関するトラブル、解消のようです

マイナンバーカードの発行業務を担っている「地方公共団体情報システム機構」が

4月27日、「不具合の原因を特定して対応を終えた」と宣言した

そうだ。

f:id:fingerpicking:20160428164437g:plain

 マイナンバー、受領トラブル解消宣言 本当に大丈夫?:朝日新聞デジタル

4月25日時点の集計によると、
マイナンバカードの申請数・・・999万8995枚
うち交付スミ枚数・・・331万3943枚
という状況だ。

因みに、上記の朝日新聞によると3月末までに1000万枚を交付する計画だったが、ほぼ三分の一しか発行できなかったことになる。

このことに関しては「地方公共団体情報システム機構のHPに経緯の説明とお詫びの文章が掲載されています。

地方公共団体情報システム機構 地方公共団体情報システム機構

 

安定的に発行は可能となるか?

発行業務が安定的に推移すれば・・・1日平均11万5千枚になるとの報道です。 

機構はサーバー4台すべての改修を終え、1日平均11万5千枚を渡せる状態にしたと説明。いまは平均約6万枚だが、今後は増えていく見通しだという。ただ、申請から手渡しまでの期間は「市区町村でそれぞれ決める」とし、明らかにしなかった。


 ただ。自治体の対応窓口で想定していなかったような問題の発生も見受けられる。例えば、下記の横浜市の例などが該当するだろう。

4月には、引っ越しに伴う手続きなどで通信回線がこみ合うと、市区町村で設定したカードの暗証番号が正しく登録されない問題が判明した。番号の再設定はすぐにできず、カードを作り直す必要がある。機構は、横浜市など希望する自治体で、再設定ができるように改修を始めている。

さて、ゴールデンウイーク明けにマイナンバーカードを使ったポイントカード構想の発表があるかな? どうでしょうか・・・。

 なお、右側のスペースにあるアンケートの集計は下記の通りです。

f:id:fingerpicking:20160428173249g:plain