マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

「マイナンバー制度」、資格試験に関する情報です

昨年、マイナンバーに関する資格試験として「マイナンバー実務検定」がある事を紹介しました。

 

mynumberseido.hatenadiary.jp

社内担当者として必須の知識レベルはどんなもの?

制度しての認知度も高まり、特に企業内での「マイナンバー管理」の重要性が高まり、個人情報管理のことと併せて、しっかりと管理できなければ存続に関わりかねないような事態もあり得ます。

資格試験の参考書も大分充実してきたようです。下記のページで具体的な紹介がなされています。なお、実務検定2級とは、「企業・官公庁の管理・指導者レベル」ということで、掲載されている「2級レベル」の例題です。

問題3. 以下のアからエまでの記述のうち、個人番号に関する【問題文A】から【問題文C】の内容として正しいものを1つ選びなさい。

【問題文A】 個人番号の利用範囲は、「社会保障」「税」「災害対策」の3分野に限定されているが、この3分野であれば、行政運営の効率化のためであれば、法令や条例の規定がなくてもあらゆる事務に利用できる。

【問題文B】 法令に規定がない事務であっても、「社会保障」「税」「災害対策」の3分野に関する事務その他これらに類する事務であれば、条例で定めることで個人番号を利用できる。

【問題文C】 原則として、他人に個人番号の提供を求めることはできない。

ア. Aのみ誤っている。 イ. Bのみ誤っている。 ウ. Cのみ誤っている。 エ. すべて正しい。

※正解はア.です


なお、こちらのページでは各検定レベルの例題が掲載されています。

shikakuzine.jp

なお、本家のサイトは下記にあり、スタート当初からするとコンテンツがかなり充実した趣があります。

www.my-number.or.jp