マイナンバー制度を考える

制度の導入で私たちの暮らしの何が変わる・・・メリットは?デメリットは?プライバシーは大丈夫?様々な側面から考えます

マイナンバーカード、普及のために総務省の考えている(?)こと

 マイナンバーカードの普及はいまや至上命令かのようで、当初計画のマイナポータルよりも先に活用の計画が進行している状況は下記の通り。

mynumberseido.hatenadiary.jp

 スマホ活用を重視

マイナンバーカード活用の切り札は、「スマホ活用にあり」のようです。前回のブログでも紹介した「サブカード」構想です。

個人番号カードの中の公的個人認証機能だけを切り離して別のカードやメディアに格納してしまう。記録領域に余裕のあるポイントカードや電子マネーカードな どに公的個人認証機能をコピーして置き、個人番号カードを一々携帯しなくても済むようにする。もちろんスマートフォンにも収容できる。

【JAPiCO】 一般社団法人 日本個人情報管理協会より引用

 

スマートフォンの急速な普及はスゴイもので、2015年7000万人保有(うち20代9割、30代8割)とのデータがあります。当初はスマホを活用した構想の一端は、アプリのインストールで対応程度の情報しか不明でしたが、「サブカード」の仕組みの採用がかなり現実的になってきている様子です。

 SIMカードの活用がポイント

SIMカードとは、携帯電話で使われている加入者を特定するためのID番号が記録されたICカードのことです。このSIMカード部分を活用してマイナンバーカード(=個人番号カード)のサブカード化をしようというもの。

具体的には、マイナンバーカード搭載の公的個人認証SIMカードにも搭載を可能とするようです。このことにより、利用者は手軽に公的個人認証の機能を持ち歩くことが可能にする構想です。

f:id:fingerpicking:20160616095500j:plain

加えて、個人番号カード同様、スマホの場合も紛失や盗難の際には遠隔操作によってロック可能とし、セキュリティ対策も行われるようです。

以上は構想段階での概要なので最終的には仕様が変更されるかもしれません。ただ、構想の一端としてみると色々と興味深くもあります。